東日本大震災や長野県北部地震などで被災された方々の健康と無事を願い、十日町に昔から伝わる白毫のだんごお守りを手作りし、お届けしようと立ち上がったプロジェクトです。

白毫のお守りとは、仏の眉間にあって光を放ち願いを叶えるといわれ、身につけていると災難にあわないと言われています。

 米粉で作ったおだんごを、賛同してくださった市民の方が縫った着物のハギレの守り袋に入れ、地元で漉いた伊沢和紙にいわれを書き、被災者にお届けしています。

ボランティアツアーに参加して、現地でざまざまな活動を行ったり、県内の避難所にいらっしゃるみなさまのもとを訪問する活動も行っています。

 なにか自分にもできることはないだろうか、でも・・・。
そんな想いをお持ちの方、ぜひ一緒に心と心をつなぐ活動で、一歩踏み出してみませんか?




事務局窓口
〒948-0082 新潟県十日町市本町2丁目226番地1 十日町市市民交流センター分じろう
TEL 025-761-7444 FAX 025-761-7445
Copyright © NPO法人 市民活動ネットワーク ひとサポ All Rights Reserved.